あれぐろ・こん・ぶりお 2楽章

備忘録も兼ねて。日記なんて小学生の時宿題で課された1年間しか続かなかったのですが、負担にならないように書けば続くものですね。

フランス印象主義を聴く  東京シティ・フィル 第230回定期演奏会

2009/7/16

東京オペラシティ コンサートホール
指揮:パスカル・ヴェロ


ドビュッシー  牧神の午後への前奏曲
ラヴェル  亡き王女のためのパヴァーヌ
ラヴェル  組曲マ・メール・ロワ
リャードフ  バーバ・ヤーガ 作品56
ムソルグスキーラヴェル編)  組曲展覧会の絵

 7月は都響定演がないので、初台のシティ・フィル定期へ。
 以前は東フィルのオペラシティ定期会員になってたから月イチでは来ていたけど、止めてからというモノ、年に数回に減ってしまった。まあ、しゃーない。自宅からも職場からも遠いし。そりゃ文化会館になってしまうわなぁ。

 さて、仙台フィルの常任を務めるフランス人指揮者パスカル・ヴェロによるフランス印象主義音楽、というテーマ設定の今回の定演。
 「お国モノ」ということもあって、まったく危なげない演奏だった。
 管理人の感想としては、フランス人指揮者ではあるものの、結構とダイナミズムを大きく取って、フランス音楽の和声進行的な要素よりも、メロディを大事にしている感じだった。
 とはいっても、音楽そのものに透明感は損なわれい。管理人はフランス音楽の基準がフルネにあるので、そういう感想になってしまうのだろうか。大雑把に言ってしまえば、クリュイタンスに連なるような演奏。だけど、フルネとは当然違うし、ブーレーズのような方向ともまた違う。

 亡き王女のためのパヴァーヌはホルンの不安定さはあったけど、ラヴェルと同じく「この曲は、なんてすばらしいんだ」と思わせる演奏。多分にオペラシティの残響も関係しているとは思うが、メロディラインへの思い入れが非常に良い結果を出している。

 リャードフ、ムソルグスキーともに燃焼度の高い演奏。けれど、濃厚さは感じられない。多分、弦の厚みを持たせないからだと思う。弦の音が小さいというわけではないんだけれど、バスが効いてないから中高音が印象的な音作りになる。
 それでも、バーバ・ヤーガからキエフの大門は、オケの推進力をもって、迫力ある演奏だった。特に、キエフの大門はそれまでのテンポから変わって、チェリビダッケのようなスローテンポになり、ラストは大見得のような指揮ぶりに、結構楽しめた。
 惜しむべきは弦の刻みが全体的に甘く、キエフの大門の弦の刻みがやや散漫になってしまったこと。このあたりは練習を詰めることで解決できたのではないかと思う。

 しかしながら、こーいう名曲を定期演奏会で聴けるのは良いことだ。ヘンなところで拍手する聴衆もいないから、安心して曲を聴いていられる。演奏する側も、定演だと思って真剣に演奏するし。

ムソルグスキー:展覧会の絵(管弦楽版/ピアノ版)

ムソルグスキー:展覧会の絵(管弦楽版/ピアノ版)

 好んで聴くのはこのあたり。

 こーいうのをyoutubeで観られるんだから凄いよなぁ…と昭和生まれは思ってしまうわけです。