あれぐろ・こん・ぶりお 2楽章

備忘録も兼ねて。日記なんて小学生の時宿題で課された1年間しか続かなかったのですが、負担にならないように書けば続くものですね。

マリア・ジョアン・ピリス ピアノ・リサイタル

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調 Op.13「悲愴」
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第17番 ニ短調 Op.31-2「テンペスト
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調Op.111

 昨夜はマリア・ジョアン・ピリスの来日リサイタルを聴いてきた。オケばっかり聴く自分には客層が違うことに気づかされ、また客席に着くと端々からピアノの先生の会話が聞こえてくる。ただ、聴いている曲の幅や演奏家は多分、好事家の方があるだろうなぁ、とも思った。ステージに現れたピリスは老いたところなど一切見せない舞台姿であった。すっと、イスに座って、早々にピアノを弾き出す。オール・ベートーヴェン・プログラム。悲愴、テンペスト、32番だ。月光の第1楽章、オクターヴを超えて弾くあたりを聴きながら「この運指ではベートーヴェンは弾ききれない」と、感じた瞬間があったのではないか。恐らく、モーツァルトであればそうは思わなかったのかもしれない。
 キャリアを積むに従ってベートーヴェンに傾斜していったピリスにとって、ベートーヴェンが彼女の理想とする水準で弾ききれないことは、自身のキャリアを考え直す充分な理由になったのかもな、と。更に言えば、このあたりで満足、という達成感があったのかもしれない。
 インタビューとか全然追いかけてないから、憶測ではあるんだけれど。それはテンペストの1楽章を聴いていても感じた。残りの人生を若者達とのマスタークラスで教え、交流し合いながら閉じたいと考えるのは、アルゲリッチもそうだけれど、音楽を次の世代に伝えたいという一種の祖父母の心境に近いのかもなぁ、なんて余計なことを思ったりした。

 ただ、技術的に完璧でないことと演奏会の感動は次元がまるで異なる。個人的には32番が生涯、耳にすることは出来ないであろう演奏だった。聴きながら、1楽章が人間の命の誕生と宇宙の創造を、また3楽章がそうした世界を描きながら、この世界の人びとの喜びであることが、舞台からこちらに映像が送られてくるような感覚がしたのである。なんだか宗教的でうさんくさい表現なのだけれど。ホントに言ったかどうかは分からないけれど、朝比奈隆は「ベートーヴェンは人間の全て」と表現した。彼岸にいながらも、それでも最後まで人間とこの世界(宇宙も含めて、なんだろうけれど)を追い求めたんだなぁ、と。使い古された表現だけれど「精神性」なるものは、この演奏を聴け、と言えば済むことなのだ。力で圧倒、とは異なるベクトルでサントリーホールの中を満たしていた(ココの表現が難しい)。
 アンコールはクアジ・アルグレット。年度初めで、月曜も都響定期に行っていたから、仕事的にも肉体的にも相当キツかったのだけれど、その代わり得たこの経験は、自分の音楽人生の宝にもなったから、ヨシとしたい。