あれぐろ・こん・ぶりお 2楽章

備忘録も兼ねて。日記なんて小学生の時宿題で課された1年間しか続かなかったのですが、負担にならないように書けば続くものですね。

都響888回定期演奏会

 今更、気がついたけれど、なんと末広がりな定期演奏会だ(笑い)。

 そんな特別な感じは特になくて、シューマンチャイコフスキーという、都響にしては珍しくボリュームのあるプログラムだな、と思ったくらい。

 ミンコフスキ指揮による、シューマン交響曲4番(初稿)とチャイコフスキーの6番である。まずは最初のシューマンから。初稿バージョンは実演では初めてだけれど、これを聴くと、マーラー編曲版やセルやパレーあたりの往年の指揮者たちによるオーケストレーションの改変は先祖返りな印象だ。シューマンは「同系色厚塗りの燻んだトーン」な響きで、なにやらオーケストレーションがヘタだ、という指摘があるけれど、初稿はかなりスッキリ・クッキリな響き。

 つまりは我々が「4番」として認識しているあの曲は、後年のシューマンの加筆であって、ブルックナーの初稿問題にも近いような、ある種の論争や好き嫌いのコメントがわんさか出てくるんじゃないだろうか?
 それで言えば、フルトヴェングラー的な渦巻くロマン派全開的な演奏はシューマンの後期スタイル並びに作曲意図を案外のところ、正確に反映していたのかもしれない。録音で聴くクナッパーツブッシュや朝比奈の演奏も「アレはあんなトーンが本人の好みなんだろう」的な姿勢が伺える(し、朝比奈は対談でそんなことを実際に言っている)。

 チャイコフスキーシューマン同様、極めて解像度の高い演奏だ。こっちもパレー、アンセルメ的な座標に位置できるんじゃないだろうか。ただ、推進力は強くてスマートではないし爆裂でもないんだけれど、都響の弦を主体とする合奏能力の強さから、結構な迫力を感じる。更に言えば、東京文化会館のクリアな響きが一層、そう感じさせるのかもしれない。悲愴感はないんだけれど、非常によく出来ているな、と思わせる演奏。

 ともあれ、こんな響きのチャイコフスキーもありなんだと言う、再現芸術の面白さを満喫した。響きが非常に明晰で、かつ、ミンコフスキの志向なんだろうな、見通しが良いながら、推進力有り余る演奏だった。

 

 

f:id:takashi1982:20190304151535j:plain

 

リベンジ、「みんなのミュシャ」展。

 職場外で会議があった関係で、定時上がり&副都心線で一本、という時間と場所の組み合わせから「今日、見に行くしかない!」と決意した。会議の参加者の皆さんとは駅のホームで反対方向の電車に乗りこみ、夜の渋谷へ。

 週末の渋谷は半年ぶりなのだけれど、やっぱり混んでいるよなぁ。個人的にはココに集う人たちの「ノリ」は自分とは違う気がする(笑い)。

 ともあれ、先週は入場制限もあって行ったものの断念したBunkamuraだけれど、今日はチケット売り場も入り口も誰も並ばずに済み、そのまま館内にgo。

 金券ショップで入場券を安く買えた関係で、音声ガイドを借りてみる。ナレーションは千葉雄大ゴセイジャーも30歳。自分がプラハミュシャ美術館に行ってから6年が経った。時間は早い!

 今回の展示はミュシャの前半生を追う形であった。子どもの頃の絵や若いときのポスター、挿し絵、リトグラフがメインだった。

 やっぱり画集で見るよりも、実物の大きさに迫力を感じる。細かな表情や、退色しながらも、その色遣いに往時の姿を想像するのもまた愉しい。

 一昨年くらいに来た「スラブ叙事詩」(異動云々で行きそびれた)を見に、再度、プラハ行きは良いかもしれない。(プラハ行きの直行便はないんだよなぁ)

 帰りは、晩メシ時に渋谷にいるんだから、喜楽でもやしそばを注文。学生時代以来だから、本当に久しぶり。相変わらずの美味さであった。ゼヒ。

f:id:takashi1982:20190921232018j:image

映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」を観た

映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』公式サイト

 連休の中日なので、インターネット上で話題騒然(とはいえ、基本的には酷評だらけなのだが…)の「映画 ドラゴンクエスト」を観てきた。

 世間で話題になっているレビューと大きく感想が変わらないので、箇条書きにする。なお、◎○△×で善し悪しを表したいと思う。

○CGがドンドン進歩している。細やかな描写はアニメの方が未だ上だろうが、そのうち逆転するのではないか?

○キャストは日テレ資本が入っているので無駄に豪華である。声優がほとんど出てこない。佐藤健が(くやしいが)上手い。有村架純も良い感じだ。ケチ付けたい天邪鬼な欲求があるが、全く問題にならない。坂口健太郎は聞いていると坂口健太郎っぽい。

ドラクエのBGMは昔から東京都交響楽団の演奏だったりするんだけど、今回も同様。映画館の性能の良いスピーカーでオケの音が響くのは聞いていて気持ちが良い。

堀井雄二はゲーム原作者として、良いシナリオを書いたと思う。映画化に充分な話を作っている。

×それだけに端折ったり、ストーリー展開が雑なのがモッタイナイ。

×××この映画最大の問題はラスト15分だろう。このラスト15分で全てを台無しにしていく。「映画として」ダメじゃないか?

○ため息や微妙な空気感が終了後の映画館を覆うが、「にもかかわらず」怒りのあまりスクリーンを破る客がいなくてヨカッタ。

 

 総じて考えると、監督がマズいんじゃないのかねぇ?

彩の国シェイクスピア・シリーズ第34弾『ヘンリー五世』

 さいたま芸術劇場「(シェイクスピアシリーズ)ヘンリー5世」千穐楽を観た。
 同じ劇場で観た「ヘンリー4世」から6年が経っているという。もっと最近に観たように思ったけれど時が流れるのは早いなぁ。
 あのときは吉田鋼太郎演じるファルスタッフが圧巻だったが、今回はハル王子からヘンリー5世に成長した松坂桃李が役としても、また役者としても大いに成長したことを実感した芝居だった。芝居を観ながら「いやー、うまいなぁ・・・」という心の声がため息と共に出そうになる感じとでも言うのかな。
 名君・ヘンリー5世だが、そこには強さと弱さを合わせた一人の青年という、ある意味で等身大ながらも深みのあるキャラクター(年齢も30歳くらいでちょうどピッタリ)を松坂は見事に演じきっていたと思う。
 ハル王子(ヘンリー4世)を演じていた頃に松坂桃李をTVで観ていた時は思わなかったが、実際に舞台を観て、fineboysのモデル出身だけあって、その立ち姿が身体のバランスもとれたイケメンなんだと初めて実感したが、今回は(戦隊出身イケメン俳優で終わることなく)この年代の俳優として随一の演技力を持った俳優に「なった」と思った。
 間違いなく彼自身の内省と努力の結晶なのだろう。よく「カメレオン俳優」という言葉が使われるけど(一人歩きしているし、安易に使われるその言葉は役者に対する浅い理解でしかないように思うんだけれど)普段の松坂からまさに「一つの理想型としてのヘンリー5世」に見事な変貌を遂げているように感じた。
 話自体は非常にハッキリくっきり「分かりやすい」舞台になっていた。舞台装置や演出もオーソドックスで場面転換も分かりやすい。その分「ヘンリー4世」の時のような話の奥行きとか、ハッとした驚きは減じたが、ヘンリー5世という人物のポートレートとアクションという視点からすれば非常にエンターテイメント性が高い舞台だったと思う。
 最後に舞台奥へ消えていく松坂ヘンリーをコロスの吉田が見送るのだが、舞台上に2人だけになるその空間があたかもハルとファルスタッフとが追憶の中で交叉するようにも思えるような(まさにコロスのセリフ通り「想像して下さい」!)演出であった。
 非常に見応えがあった芝居である。(アジンコート演説はカットされているけど)

f:id:takashi1982:20190224223752j:plain

ヘンリー5世

 

バリアフリー演劇「ヘレン・ケラー~ひびき合うものたち」

 東中野にある「東京演劇集団 風」の公演に出かける。

 バリアフリー演劇と言うことで、ご招待頂いた。

 ヘレン・ケラーと言えば「奇跡の人」を以前見たことがあるし、それこそ子どもの頃に読んだ伝記で生い立ちやサリバン先生との悪戦苦闘は分かっているのだけれど、今回、それをバリアフリー演劇と言うことでどうするか、非常に興味があった。

 今回の「バリアフリー」は視覚、聴覚障碍向けの芝居と言うことで、手話による同時通訳とか、字幕とか、副音声的な解説付きの芝居であった。台詞回しもゆっくり・はっきりしたもので、時間にして1時間40分。

 たしかに、これくらいの長さが案外、ちょうど良いかもしれない。

 ストーリーは三重苦になったヘレンとそこへ赴任するサリバンの取っ組み合いも含めた交流を描く。

 新しいなと思ったのは弟とのエピソードが結構、サリバンの情熱の原点の一つとなっているところだろうか。伝記や「奇跡の人」には弟エピソードは出てきていないので、肉親を失った孤独と家族に恵まれながらも、だれもヘレンの心の扉を開けられない孤独とが交差する。そこから知ることの喜びを困難の末にヘレンが自ら見いだすことでクライマックスを迎える。このあたりは定番だと思われる。

 分かってはいるんだけれど、やはりこの話のクライマックスは感動的だ。 

 再来週は久しぶりのシェイクスピア。千秋楽をゲットできたので楽しみにしていこう。(疲れないようにウィークデーを過ごさねば。笑い)

初「渋谷らくご」

 

f:id:takashi1982:20190210013444p:plain


昨夜は人生で初めて落語を聞きに(見に)行った。
 成田山初詣企画に続く、みんなでだったら行く企画。
 初心者向けと言うことで、渋谷ユーロライブで開催される「渋谷らくご」である。今回の参加者の中にチョットしたツテがあるというので、内容を聞いてもらい、今回はチケットを手配してもらい(ちゃんとお金払う)、事前に腹ごしらえをして、いざ・落語へ!
 ユーロスペースって映画のイメージなんだけれど、そこで落語というのは新鮮だ。考えてみれば傾斜はついているし、椅子は長時間の観賞に堪えうるし、サイズ的にも一体感が得られてちょうど良い。今回は実力派(という紹介)4人が30分それぞれに話してもらう「渋谷らくご」。ちょうど良いぞ。
 座席は自由。入り口で芝居やコンサートのようにちょっとしたチラシと前回公演のレビューと今回公演のプレビューが載ったプログラムをもらう。なかなか手が込んでいて、主催者側の落語に対する意気込みや愛情が伝わってくる。柳亭市童「天災」、雷門小助六井戸の茶碗」、神田鯉栄「鉄砲のお熊』、古今亭文菊「夢金」。
「天災」は困った熊さんだ。「井戸の茶碗」はマクラからの入り方が上手いなぁ。「鉄砲のお熊」はどこからが講談でどこからが神田さんのネタなのか分からない(笑い)。魂の叫びのような勢いで笑わせる。「夢金」はこれが「芸」だ。江戸時代にも夢オチってあったのね。
 一人じゃなかなか行かないけれど、みんなとなら行くかもしれないというのはここ数年、かつての職場仲間での旅行やらで実感しているだけに、ちょっと興味関心と行動範囲が広がって良いかもしれない。人が言うには趣味が多すぎるだろう,といわれるが、まあ、それはそれとして。今度は寄席に行きたいなー。

都民芸術フェスティバル(東京シティ・フィル)

 都民芸術フェスティバルで東京シティフィルを聴きに東京芸術劇場へ。シティフィル、飯守のブルックナー以来、久しぶりに聴く。高関体制になって初めてなので期待してみる。直球ど真ん中な演奏をするけれど、なかなか都響にはこのところ縁がない。(指揮姿が派手でないから!?なんて)

 視覚的には「高関先生と生徒たち」みたいな指揮ぶりだった。エリシュカもそうだけれど指揮科の先生方は棒に曖昧なところが全くない。メンデルスゾーンマーラーも実に輪郭ハッキリと拍節や対旋律まで浮かび上がるように音楽が生まれる。これは面白い。

 重心低めでバスをしっかりと鳴らすのも個人的な好みだ。
マーラーはゆったり目のテンポで実に模範的。テンポの揺らぎや過度なポルタメント、ダイナミズムがなく、病的なところは一切ない、健康的な青春を感じさせる。

 メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲は山根一仁。音コンで1位取ってからテレビでは聴いた事があったが、実演は初めて。第一印象は「細いっ!」。ジャケットのデザインにもよるのかな。すらっとした姿勢から主題を弾いたんだけれど、「おっ?音が痩せているのかな。」と思ったらドンドン乗ってくる。

 若さ全開でハイフェッツみたいな怪演もあるかと思ったら、そんなことはなく、最後まで聴いて一番イメージに近いのはCDのジャケットに描かれるメンデルスゾーン肖像画。19世紀ロマン主義と言うよりは現在進行形の若者の澱のような、そしてバネがある演奏だ。

 ああ、一番大事なことを書き忘れたけれど、名曲はその曲が持つ力ゆえに名曲であって、気を衒うことなく、斬新な解釈など無くても、音楽はかくも感動的なのだと言うことを、山根、高関の両人は証明したようで、なんとも素晴らしかった。こないだの札響といい、国内オケ、充分良いですよね。